プロフィール

こささ

Author:こささ
このCJS名で分からない方はモグリ!?(笑)
頓挫したメーリングリストの二の舞にならぬよう皆様のご協力を期待しております(^^;)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひつじ年練習始動

CJS OGBのみなさま、ちょっと遅いですがあけましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いします。

昨年は演奏会の年でしたから、9月からまた新しい曲の練習がスタートしました。
最初に練習するのはいつもの通り、モーツァルトです。今回は、K.138の番です。

管理人こささは、何を隠そうこの曲で初めてCJSに参加したので、思い出深い曲です。
そしてなんとその時の演奏会は、K.138を初めて定期演奏会で取り上げた回だったのです・・・まあ、第2回演奏会ですから、当たり前です。

新入団員も加わりました。年内の練習で、細かいところはもちろんまだまだです(特に2ndは、K.136~138の中で最も難しい!)が、それでも無難に曲が通る様にはなりました。

そして今年も早速、第1回目の練習がありました。新曲の配布があり、その場で譜読み開始。

初見能力とは、音取りが出来ることだけではなく、ダイナミクスや表情などを瞬時に読み取って音に出来る能力。
そんな歓先生の言葉を、久しぶりに聞いた気がします。私もウン十年前に言われた記憶があるなあ。今でも大事な言葉のひとつです。

エルガーのセレナーデですからねえ。ちょっと難しかったかもしれません。
でも、出来ると思うからこそ言われているわけで、それを肝に銘じて頑張って欲しいと思います。

そうそう、この曲もCJSで初めて取り上げた時にまだ現役団員でした・・・伝説の「『40番』取り止め事件(?)」の時。現役最後の演奏会でした。その事件で替わりに登場した曲なので、メインの曲だったにもかかわらず練習には実質1年かけていなかったと思います。あと2曲はコンチェルトでしたからね。

この曲の難しさは・・・とどんどん書き進めていくと、ここで書くのと合宿で話すネタが無くなってしまうので(笑)このへんで。

こささ
スポンサーサイト

  【BACK TO HOME】  面目ない! >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。