プロフィール

こささ

Author:こささ
このCJS名で分からない方はモグリ!?(笑)
頓挫したメーリングリストの二の舞にならぬよう皆様のご協力を期待しております(^^;)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009夏合宿

遅くなりましたが、今年の夏合宿のレポートです。

一言でまとめると、「疲れた!」

まあ、逸話満載の(笑)秩父での合宿が初参加だった私も四捨五入すると不惑ですから(^^;)体力が落ちているのも事実ですが、体力的なことだけではなくて、精神的にも疲れましたねえ。

春からの新入団員が例年になく多く、しかも例年より1年早く入団している上、今回の合宿が初参加という子がいたこと。それに反して、受験で欠席したり休団している子が増えたこと。合宿に入る前に配られていた新曲(Vivaldi)の初合わせが今回の合宿だったこと。この辺が主な理由でしょう。

なかでも最大の理由は2番目でしょう。先生方や他のOB、最上級生とも話していたのですが、昨年までの年齢構成が逆ピラミッド型だったのが、急に正反対のピラミッド型、それもやたらと底辺が広くて上部が鋭角のピラミッド(もはやピラミッドとは言えないような…^^;)になってしまったために、下級生の面倒を見る役割を担っていた先輩達の絶対数が足りないのです。
新入団員たちも、先輩達に混じって練習したり生活している中で、直接教わることはもちろん、見よう見まねで自然と学んでいくことがあると思うのですが、いかんせん先輩が少ないので、よほど本人に学び取ろうという自覚や動機がないと難しいことになっています。

前回の演奏会に新入団員で参加した子たちが自然と頼もしく見えてきますし、ついつい期待もしてしまいますが、お手本となることを期待するのはちょっと酷。なにしろ彼らだってまだ小学生ですからね。

さらに、春にも書いたように小4ではなく小3という、小さいようで大きい1年の違いが、今回も随所で感じられました。
一番大きく感じたのは、集中力の短さでしょうか。
中には、ちょっと度を越しているかな?という感じの子も。
ただ、そういう子に対して、周囲が自発的に注意したりフォローしたりすることもあったりして、その辺は救われました。

それから、注意されたことを覚えきれていない。左から右へ…という感じです。注意したことを覚えてくれない、というのは一番大きな疲れにつながります。
実はこれ、新入団員だけのことではないのですが、新入団員は集中力の持続性がないことと相まってさらにひどく、さんざん教えてやっと一つ上に行けたと思ったら、翌日にはきれいに忘れられていたり、なんてことも。

大人でも忘れることは多々あるので、忘れないために書き込みをしたり、その他にも色々と工夫をするわけです。彼らの楽譜は、書き込んであるといっても指番号とポジション番号ばかり。ボーイングを書こうにも既にそれらでいっぱいで(←全部の音に書き込んであるので)余白を探すのに苦労する子もいるほど。今後はそこから変えていくことになりそうです。本当は、そろそろ次の段階に進めたいなあ、という部分も合宿に入る前はあったのですが…。

ただし、思い切って段階を戻し、楽器を持たずに声に出して歌ってみる、つまりソルフェージュをさせたのは逆に良かったかもしれません。正直言って、あまりにもリズムが取れていないのでやらせてみたことなのですが、楽器を弾く以前にやっておくことがある、あるいは、楽器を弾くこと以外にも練習の方法はある、ということを学んでくれていれば大成功です。家での練習でも時々やってくれているといいのですが。

ともかく、手がかかった子ほど後で伸びると信じて、来年の春合宿に期待することにしましょう。

…いや、普段の練習にも少し顔出さないとダメかも…^^;



続きを読む »

スポンサーサイト

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。